09/30/2020
Breaking News

福祉施設介護員の労働時間問題

介護業界の仕事は、今後ますます重要になるが、現状として介護施設で働く福祉施設介護員の労働環境には様々な問題がある。この問題を解決できなければ、福祉施設介護員の数は不足してしまい、介護業界が成り立たなくなってしまうだろう。福祉施設介護員の問題は様々ある。労働内容が体力的・精神的にきついことをはじめ、給与水準、人間関係の悩みに労働時間の問題などがよく知られている。

福祉施設介護員の労働時間の問題は、そもそも福祉施設介護員の数が不足していることが関係している。また、介護施設の種類によっては、24時間体制で職員が働かなければならず、少ない職員数で施設運営を回す必要があると、どうしてもひとり一人の労働時間が増していく問題に突き当たる。このような、問題のある介護施設に勤めないためには、しっかりと就職する前に見極めることが重要だ。労働時間の問題について更に詳しく→→介護業界の労働時間問題を解説←←

福祉施設介護員として労働時間の問題に悩まされないためには、まず求人情報の労働時間と勤務体制をしっかりと確認することが重要だ。労働時間と休憩時間がしっかりと取られているのか、そして残業はあるのかといったことを確かめなければならない。勤務形態は、正社員としてのみ働くことができないのか、契約社員として働くこともできるのか、パート・アルバイトとして短時間で働くことができるのかを確認すると、自分のライフスタイルに合った働き方が可能だ。そして、最も重要となることは、実際に施設で働く人々の雰囲気を見るということだ。

求人情報が正しく、職員たちが充実した働き方をしているのかは、職員と利用者の雰囲気を見ればおおよその検討をつけることができるだろう。